アパート経営の失敗談 ”屋の中が・・

アパート経営をしていて「失敗した」と思ったことは20年間で何回もあります。その中で多いのは入居者の問題。20年もすると新築だった部屋が傷んでくるのは仕方のないこと。どんなにリフォームをしても新築のようなキレイな部屋には戻りません。

しかしこれもどんな人が入居するかで部屋の痛み具合が違ってくるのです。清潔でいつも整理整頓をする人だと大家さんは楽なのであります。しかしそうでない方が入居してくるとアパートがもう大変なことに・・・。

たまにテレビで見る掃除の出来ない人が入ってきたら部屋はもうヒッチャカメッチャか。部屋の中も不潔になるし、そうなるとゴキブリも発生するし、大変なことになってしまったことがありました。こういう人が引越しした後には必ずリフォームが待っているのですが、ありとあらゆるところを修繕することになってしまいます。

キッチンの床は油まみれ、洋間のフローリングも傷だらけ。このようなものは壁紙の汚れと同じように、全額を敷金から支払ってもらうことは出来ません。新築で入居して1,2年ぐらいでそのような状態にしたのならある程度は弁償してもらえますが、今までの入居者の積み重ねもありますし、自然の劣化ということも考慮しなければいけませんので。

また和室の襖や畳はボロボロ、キッチン台の木製の箇所は水浸しにしたのか腐っていたり。襖や畳は結果的には全部修繕することにしましたが、一枚単位で弁償してもらうので大家の負担が増えます。普通ならまだまだ大丈夫のところまで修繕しないといけなくなり出費は嵩みます。またなによりも劣化速度が部屋によって違ってくるのです。このあたりがアパート経営で失敗したと感じるところなのです。

私のところは引越しした後で、入居者の立会いで1つ1つを確認してどちらが負担するかを話し合いで決めています。強引に敷金から支払わせている不動産もあるからでしょうか、最近の借地借家法は大家さんに不利だと思うところも多くあるように感じます。こうなると計算外の支出が発生しますから資金繰りが苦しくなることもありました。アパート経営ではこのような入居者には要注意なのです。



apart100 at 00:35│Comments(0)TrackBack(0)clip!アパート経営 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QRコード
QRコード