賃貸経営での所得税対策?

賃貸経営をすることで所得税の節税ができるというようなことをいう営業マンが昔はいました。不動産投資の勧誘の電話がよくかかってきたことがありましたが、その時によく言っていたのは税金対策にマンションに投資してみませんか、ということでした。税金対策と言っても何の税金が節税できるのか聞くのですが、いろいろなことを言うのです。ようするによく知らないのです。

もしサラリーマンや自営業の方が節税対策で不動産投資をするのならば、よくよく考えたほうが良いと思います。殆ど節税はできないと思います。逆にマンションやアパートを建築したり購入したりして、賃貸経営を始めると所得税は増えるのです。それは家賃収入が増えるので当たり前のことですが、ここで間違えやすいのは銀行からマンション購入費やアパートの建築費用を借り入れをしている場合には多いかと思います。

しかしローンの返済は所得税の計算するときには経費にはならないということです。例えば毎月の家賃収入が50万円で銀行返済は45万円あるから収支は5万円の黒字になる。そしてこの5万円分に対して所得税がかかるという勘違いはよく聞きますが銀行への借り入れ返済の元金分は経費にはならないのです。利息分だけです。

私の場合も賃貸経営を始めたら所得が増えました所得が増えたので所得税も増えました。しかし資金繰り的には変わりません。先ほどの例で言うと毎月5万円の収入が増えたように錯覚しますが、それ以上に税金の支払いが増えるのです。

そしてこのように所得税が増えた時の対策として法人化をすすめている業者がありますが、法人化で所得税の節税が出来るかどうかは難しいとこですね。法人化で得することもありますが、私的には得することはほとんどないと思っています。賃貸経営を始めると家賃収入分の所得税や住民税が増えることになります。だから初めにその分も含めて資金繰りのシュミレーションをしておくべきなのです。税金分も含めて資金繰りが出来るかどうかで賃貸経営をするかどうかを考えるべきなのです。




apart100 at 21:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!基礎知識 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QRコード
QRコード