アパート経営の家賃更新料は大家さんにとっては・・・

アパート経営は入居者が決まって入居するときに、大家さんは礼金や敷金と家賃を受け取ります。そして入居者はその他に不動産屋に仲介手数料を支払うことになります。そうなるとアパートを借りるには、家賃の4〜6ヶ月分という入居者の負担がかかってしまいます。

大家さんとしてはお金が入ることはうれしいことなのですが、あまりにも入居者の人に負担をかけるのはどうかと思うのです。家賃の契約は通常2年というのが一般的なのですが、このときに更新料として1〜2ヶ月分を請求するようです。なかには更新手数料などという名目で更新料の他に入居者に請求することもありますが、この金額については不動産屋によって違ってきます。

あるときに不動産屋が「もう○号室が契約の更新になりますが家賃はあげますか?」と聞いてきました。今の時代は家賃の上昇などはとても考えられないわけで私は「このままでいいです」と答えました。さらに不動産屋は「更新料として家賃の1ヶ月分をとりませんか?そしてそれを折半してください」と言ってきたのです。

実は私のところは更新料はそれまでとったことがありませんでした。なぜなら更新料がかかるのなら、ということでこのタイミングで引越してしまおうと考える人が多いのです。だから更新料は取ったことがありません。

大家さんとしてはなるべく同じ人に長くいてもらったほうが長い目で見れば得になるのですが、不動産屋は目先の利益を求めてきます。契約書を作成するので少しの手数料を不動産屋がとることは仕方のないこと。しかしそんな仕事だけで家賃の0.5ヶ月分も欲しがるものなのかといささか疑問に思うのです。

このぐらいは賃貸では当たり前のことらしいのですが、そんなことしていたらお客さんが逃げてしまうぞ、と言いたい。いろいろな不動産屋と付き合ってきましたが、私のところでは今までは更新手数料として0.25ヶ月分を不動産屋に入居者が払うことが多かったので疑問におもいました。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QRコード
QRコード